亡くなった夫に会いたい…死んだ人に会う方法

2013年、世界一愛する夫と死別。夢でもいい、霊でもいい。幻覚でもいい。何としてでも夫に会いたい。30歳未亡人のブログ。

あの頃に戻りたいってまだ本気で考えている

このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
 

今日もひとりぼっちのベッドで目を覚ます。隣にいたはずの夫はやっぱりいない。

世界は何事もなかったかのように日が昇っている。夫は死んだというのに、当然の如く日常
が繰り返されいる。なんとか日々生活している自分のことも本当は許せない。

これが現実なの?ここから抜け出す方法はないの?
夫の写真に向かって「おはよう」と挨拶をする。「おはよう」って聞こえる気がする。わか
ってる。現実は、夫の声を自分の脳内で再生しているだけ。その声もわたしの記憶が薄れて
いくにつれて、聞こえなくなってしまうのだろうか。

でもまだ覚えている。夫は確かにわたしのとなりにいた。わたしのとなりからは、いつもの
香りがする。見えないだけで側にいてくれているんだよね?

いつかはわたしもこの世界からいなくなる。夫と同じように。花が枯れるように、人の命も
消えていく。儚いからこそ大切に生きていかなければならない。でもそれを忘れて、時間を
いいかげんに使ってしまう。

明日が訪れるのがこわい。暗闇と孤独が少しずつ襲ってくる。気づいたころには、すっぽり
包まれてしまうかもしれない恐怖。

ふたりでいるなら大丈夫、何もこわくない。守ってくれるって約束したのに。

あの頃に戻りたいってまだ本気で考えている。




他の死別経験者のブログを読む
にほんブログ村 死別
死別ブログランキング

広告を非表示にする