亡くなった夫に会いたい…死んだ人に会う方法

2013年、世界一愛する夫と死別。夢でもいい、霊でもいい。幻覚でもいい。何としてでも夫に会いたい。30歳未亡人のブログ。

父の葬儀・私は虐待を受けていました

このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
 

いろいろと言われてしまったので写真削除の上ブログを差し替えます。
思い出したくもない過去。
書きたくなかったけど、真実を知れば見方が変わるかと思うので。


正直父が亡くなってもなんとも思いませんでした。
不動産業を営んでいた父。でも実務はすべて母に任せ毎晩飲み歩いていたのが実態。
ほとんど家に帰ってこないので母、兄弟含め誰一人家族とは認めていませんでした。

それでも父は週に1度、家へ帰ってきます。

父が帰ってくるその日は家族全員にとって恐怖でした。
私以外の家族に対しては暴言暴力。

私には殴る蹴るの暴力はなかったもののそれ以上に恐ろしいことが待っていました。

元々私に対してだけ暴力を振るわなかったのですが
ある日、あまりにも激しい怒鳴り声と叫び声が聞こえたので母の様子を見に行きました。
そこで母が激しく蹴られてうずくまっているのを見て、私は恐怖で失禁してしまいます。

虐待の描写を削除しました。2014/12/18




父も夫もたくさんの花に囲まれて…

豪華な葬儀は嫌だ、家族のみでの密葬がいいと
希望してた夫は、どんな気持ちで自分の葬儀を眺めていたんだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:maho_m:20140926012320j:plain

広告を非表示にする