亡くなった夫に会いたい…死んだ人に会う方法

2013年、世界一愛する夫と死別。夢でもいい、霊でもいい。幻覚でもいい。何としてでも夫に会いたい。30歳未亡人のブログ。

自殺は命を粗末にした罰として・・・でも愛する人と一緒なら。

このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
 

自殺は宇宙の意志から授かった命を、自ら粗末にするということ。
自殺者は罰として先に逝った死者には会えないんだよ。

私は自殺を試みて、情けないことに助かってしまい入院した経験があります。
その時言われたことばです


周りの人からの説得のためか、投薬の結果なのか
死ぬことへの恐怖がし感じるようになりました。

でも、自殺かどうかって誰がジャッジするのでしょう。

日本には昔、切腹の文化がありましたよね。自殺でしょうか?
誰かに殺されるように仕向けて、殺された場合は自殺でしょうか。
回復する見込みがなく苦痛しか感じない場合でも、延命治療を拒否するのは自殺でしょうか。
飲酒や煙草、健康に悪い習慣と自覚していながら続けてしまうのも
緩やかな自殺ではないでしようか。

丹波哲郎さんは、霊界には何段階か階層がありその人がふさわしい場所に行くと言っている。
仏教も死後の世界は階層が分かれているとされている週はが多いですよね。
仮に自殺者は罰として、それ相応の場所にいくとする。

だとすると、自殺者は自殺者同士が集まる場所にいくのでしょうか。

こんなこともきいたことがあります。
昔は双子の男女が生まれると、前世で心中した者達と忌み嫌われたとか。


夫が病室のトイレで自殺をはかったとき
あの時私も一緒に首を吊ってれば、霊界でも来世でも一緒にいられたのかな。



にほんブログ村 死別ブログランキング
BLOG RANKING 死別カテゴリーへ

広告を非表示にする